キレキュア

産後のダイエットは、ゆるい食事制限で痩せていきましょう

産後のダイエットは、ゆるい食事制限で痩せていきましょう

無事に赤ちゃんを出産したのはいいけれど、妊娠中に増えてしまった体重が気になる、というお母さんは多くいます。

だからといって、産後すぐにダイエットを始めるのは厳禁です。

出産直後は体力が落ちている上、無理に食事制限をすると母乳の出が悪くなってしまうからです。

赤ちゃんを産んだばかりのお母さんの体はホルモンのバランスが乱れがちなので、急いで結果を出そうとせず、長い期間を使って取り組むようにしましょう。

ダイエットを始めるのはいつ頃がいいの?



ダイエットを始めるのも、

出産後最低一ヶ月は待ち、医師に相談してから行うようにしましょう。

出産後半年は、体重が落ちやすい期間です。妊娠中に、赤ちゃんを守るために付いた脂肪は流動性脂肪といい、水分を多く含んでいます。

体に定着する前なら落とすことはさほど難しくありません。

そのため、ダイエット期間は産後半年を一つの目安にするといいでしょう。

また、出産後半年は、出産の為に広がった骨盤が元の位置に戻っていく時期でもあります。

歪んだ状態で固まってしまわないようにケアをするのも大切です。

食事をしっかり取りましょう

産後のダイエットは、栄養バランスの見直しと、適度な運動の組み合わせが理想的な方法です。まず食事は1日3食しっかりと食べることが大切です。

特に赤ちゃんに母乳を上げている時期は、それだけでかなりのカロリーを消費しています。自身が栄養不足にならないためにも、食事はしっかりと摂るようにしましょう。

痩せたいからと炭水化物を抜く人が良くいますが、育児は体力勝負です。エネルギーに代わる炭水化物は絶対に抜いてはいけません。

その他、野菜や果物、乳製品などもしっかりと摂るようにしましょう。

運動は適度に行いましょう



運動は、体の調子を見ながら少しずつ行うようにします。おすすめなのはヨガやウォーキングなどです。

特にヨガは、自宅でも隙間時間を見つけて取り組めるので、忙しいお母さんも取り組みやすい運動です。簡単なポーズからスタートしていきましょう。

赤ちゃんが大きくなって外に出られるようになったら、一緒にお散歩に行くのもいい運動になります。適度な運動はストレス解消にも役立つため、是非積極的に取り入れるようにしましょう。

骨盤について



更に産後のダイエットで重要なのが骨盤です。妊娠するとホルモンの働きで骨盤が緩み、開きます。 これは出産が終わると徐々に元の位置に戻るのですが、筋肉が衰えるなどしていると開いたまま固まってしまったり、片側だけ戻ったりと、骨盤に歪みが生じます。

今後便秘や生理痛の原因になることもあるので、骨盤ベルトなどを使って開きを治すのが大切です。

そもそも産後のダイエットは、痩せることではなく、出産前の状態に体を戻し、体を回復させることが目的。無理に取り組んで体調を崩してしまうことだけは絶対に避けましょう。

この記事につけられたタグ