キレキュア

爪でわかる体質チェック~きれいな食事のススメ~

爪でわかる体質チェック~きれいな食事のススメ~

薬膳コンシェルジュ協会 代表理事 杏仁美友

女性のオシャレなネイルは、同性から見ても素敵だなと思います。 お料理や医療関係のお仕事だとなかなかネイルをつけられませんが、その分フットネイルを楽しんだり、爪の形をスクエアに整えるなど工夫している人も多いようです。

さて今回はそのネイルの土台になっている爪のお話です。 爪が健康ならネイルの持ちもいいですし、必要以上のケアもいりません。 爪はカラダの一部なので、内臓のコンディションがよければ爪にもいい影響が出ます。

肝の華は爪にある



爪はそもそも皮膚の仲間で、毛髪と同様にケラチンというたんぱく質でできています。 中医学では爪と密接な関係を持つ臓器は「肝」であるとされ、「肝の華は爪にある」といわれています。

肝は蔵血作用といって、血をストックする働きがあるのですが、肝に十分に栄養が行きわたり、正常に機能していると爪の状態もよいということです。

爪の健康は肝の状態に左右されやすいともいえるでしょう。ここで具体的な爪のトラブルをご紹介します。

爪がうすく、割れやすい



爪は肝から送られる血液によって養われているので、不足すると爪がもろくなります。 二枚爪になったり、すぐに欠けたり、ネイルをしても剥がれやすいのが特ちょうです。

このタイプは血液不足なので、めまいや貧血に注意してください。
バランスよく食事をとり、よい血を増やすレバー、ナツメ、クコの実、牛肉、ホウレン草、黒ゴマ、黒豆、桑の実などを食べるとよいでしょう。

爪が白い・青白い



爪全体が白っぽいのは、栄養や気力不足です。
必要な血液や栄養が通わないので、冷えを感じる人もいるでしょう。

青白い爪なら、末端冷え症のように、血流が悪い証拠。
爪の下には毛細血管がたくさんあるので、血行がよければ爪先はピンク色になります。

元気がないタイプは穀物類や豆・イモ類、肉や魚などの動物性のものもオススメです。 冷えが気になるタイプは、しょうがやにんにく、唐辛子などの香辛料や香味野菜、海老、くるみ、かぼちゃ、羊や鹿、鶏肉もカラダを温めます。

爪が黒っぽい・青紫色



爪の色が悪くくすんで見える場合、血液がうっ滞して流れが悪くなっていたり、腎の機能が弱まっているケースもあります。

うっ滞は打撲などの外傷でも起こりますが、睡眠不足や過度のストレス、食事の不摂生からも起こります。

血行不良のタイプは、にら、黒豆、菜の花、玉ネギ、パセリ、サバ、いわし、酒かす、酢、ジャスミン、サフランなどを摂るようにしましょう。

爪の表面がデコボコしている



爪の表面が滑らかでないのは、ストレスなどで肝の機能が低下すると起こりやすいといわれています。

イライラしやすかったり、胸脇が張って痛かったり、生理不順や生理前に気分がすぐれないなどの症状が出やすいでしょう。

みかんや柚子などの柑橘系、セロリ、クレソン、バジルなどの香りのよい食材は、滞った気の流れをスムーズにしてくれます。
好きな香りのものをチョイスしてみてください。




ちなみに爪に白い縦線が出るのは、乾燥している場合が多いです。
しっかりと指先や爪の保湿ケアをして、潤いを与えてください。
ハンドクリームやマッサージオイルをよく揉みこむと効果的です。


いかがですか?
ネイルで爪を隠してしまうと、気づかない身体の変化を見逃してしまうことにもなりますので、日頃から爪の状態を良く観察し、体のケアに役立ててくださいね。

薬膳コンシェルジュ協会 代表理事 杏仁美友
一般社団法人 薬膳コンシェルジュ協会 代表理事
杏仁美友

1972年東京生まれ。
漢方薬や薬膳で自身の体調不良を改善したことをきっかけに、漢方や薬膳の世界に興味を持ち始める。

2011年に薬膳コンシェルジュ協会を設立し、学んだ知識がすぐに役に立つ薬膳の資格講座の運営にも力を注いでいる。

テレビ・雑誌・ラジオなどの取材、大手外食レストランチェーンの薬膳メニューの監修、総合情報サイト「All About」公認漢方・薬膳料理ガイド、薬膳サプリの商品開発、食材性能PR、講演会なども精力的におこなう。

「こころに漢方を、くちびるに薬膳を」をモットーに、身近な食材を使ったカンタン薬膳やわかりやすい漢方の知恵を紹介している。

杏仁美友サイト http://kyonin-miyu.com/
薬膳コンシェルジュ協会サイト http://www.y-concierge.info/

この記事につけられたタグ