キレキュア

ストレートネックはどうしたら治る?

ストレートネックはどうしたら治る?

ストレートネックという言葉を聞いたことがありますか?



ストレートネックとはまっすぐな首という意味で、本来前にS字を描いているはずの背骨と頚椎の角度がまっすぐになってしまっている状態を言います。

ストレートネックになると肩や首、手などに痛みやしびれが起きたり、口が開けられない、よく寝違えるなどの症状が起きやすくなります。

また、頭痛やめまい、耳鳴りなどを起こすようになったり、自律神経失調症やうつなどの症状が出ることもあります。

ストレートネックになる原因は何か?



ストレートネックの原因は、スマホのしすぎやPC作業などによる姿勢の悪さ、慢性的にうつむき加減でいることによって頭の重さで引っ張られ、次第に首の自然な角度が失われてまっすぐになってしまうことだと言われています。

その他に加齢やスポーツなどによる障害でも起こることがあります。

ストレートネックを治すにはどうしたらよいか?



初期の状態では首のマッサージやストレッチなどで改善することもあり、バスタオルを丸めた枕が効くとも言われています。

しかし、ストレートネックは単に首だけの問題ではありません。

骨盤や背骨など体全体の歪みやねじれが関係している場合が多いのです。

体の歪みがあると、体全体をしっかりと支える骨や筋肉がうまく機能せず、頭の重みをうまく支えることができません。

運動不足で筋肉が十分発達していなかったりするとなおさらです。

自力で体をまっすぐ支えられず、無理な姿勢で頭の重みを受け止めているため、首に負担がかかってしまうのです。

ストレートネックになったまま放っておくと、だんだん悪化して痛みが増してきたり、首以外の他のところまで痛くなってきたりします。

姿勢が歪み、内臓にも負担がかかり、病気にもかかりやすくなってしまうのです。

ストレートネックはひどくなる前に整骨院などで矯正することが望ましいです。

首だけでなく、体全体の歪みを矯正していくことでストレートネックも良くなっていきます。

ストレートネックを予防するには?



ストレートネックにならないためには、普段の姿勢や生活習慣の見直しが大切です。

背骨をしっかり起こした姿勢で前のめりにならないよう普段から気をつける、適度に体操やストレッチを行い、特に体幹を鍛えてインナーマッスルをつけることが大切です。

まとめ

ストレートネックはスマホのし過ぎなどによる姿勢の悪さからくる首の問題です。

首だけでなく、体全体の歪みやねじれも関係しているので、整骨院などで適切な治療を受けることが望ましいでしょう。

また、普段から良い姿勢でいられるよう気をつけて、インナーマッスルを鍛えることなどが大切です。

この記事につけられたタグ