キレキュア

秋レシピ「うるおい薬膳シュウマイ」~きれいな食事のススメ~

秋レシピ「うるおい薬膳シュウマイ」~きれいな食事のススメ~

薬膳コンシェルジュ協会 代表理事 杏仁美友

「天高く馬肥ゆる秋」といいますが、澄んだ空気が肌にふれたり、秋晴れの空を眺めていると気持ちがいいものです。

ただし夏のような湿気がなくなる分、今度は肌の乾燥や空せきなどが気になる季節でもあります。

ということで、今回は乾燥対策にオススメの食材やレシピをご紹介しましょう。

肺をうるおす食材、咳をしずめる食材

薬膳の考えのベースにある中医学では、秋は五臓の中でも「肺」の機能が弱まりやすいとされます。

なお乾燥による邪気が体内に入ってくると、のどの渇きや髪のパサつき、空せきやぜんそく、便秘、あかぎれ、胸痛、息切れなどを引き起こしやすくなります。

なので、秋の養生としては乾燥を防ぎ、肺をうるおすことが重要です。

肺をうるおす食材には、白きくらげ、レンコン、ユリ根、長イモ、クワイ、イチジク、ハチミツ、松の実、アーモンドなどが代表的です。

なおこの時期になるとせき込むなんて場合は、咳止めの働きがある食材も有効的です。

クラゲ、ショウガ、海苔、ユリ根、松の実、アーモンド、ハチミツ、梨、杏、梅などがそうです。

肺や気管支がうるおえば咳が鎮まりやすくなるので、どちらにも適している食材が多いですね。

今回はシュウマイの具材に秋の養生にぴったりのレンコンや白キクラゲをいれましたが、食感もいいのでぜひお試しください。

実は、シュウマイの方がギョウザを包むより手間がかからないので、意外と手軽に作れるのも嬉しいところです。

「うるおい薬膳シュウマイ」の作り方



<材料 3~4人分>
豚ひき肉…250g
レンコン…正味100g
しいたけ…1個
乾燥白きくらげ…3g
ネギ…10センチ分
すりおろしショウガ…10g
A しょうゆ、酒、ごま油…各小さじ2、塩…小さじ1/2、砂糖…ひとつまみ
クコの実…22~24個
シュウマイの皮…22~24枚
キャベツもしくは白菜…1~2枚
辛子しょうゆ…適宜



<作り方>
1、白きくらげはたっぷりの水で戻し、みじん切りにする。レンコンは皮をむき、半分をみじん切りに、半分をすりおろす。しいたけ、ネギはみじん切りにする。

2、ボールに1、豚肉、Aの調味料をいれ、粘りが出るまでよく混ぜる。全体をならし、具を4等分しておく(それぞれ6個ずつで、計24個できる計算)。



3、シュウマイを包む。具をシュウマイの皮にのせ、手のひらを軽く丸めるとまとまるので、それを回しながら成型するとよい。最後にクコの実を真ん中にのせる。



4、キャベツを敷いた蒸篭にシュウマイを並べ、蒸気の上がった蒸し器にいれて強火で10分くらい蒸す。



蒸し終わったら完成です。 皆さんも今回のレシピを試してみてははいかがでしょうか?



薬膳コンシェルジュ協会 代表理事 杏仁美友
一般社団法人 薬膳コンシェルジュ協会 代表理事
杏仁美友

1972年東京生まれ。
漢方薬や薬膳で自身の体調不良を改善したことをきっかけに、漢方や薬膳の世界に興味を持ち始める。

2011年に薬膳コンシェルジュ協会を設立し、学んだ知識がすぐに役に立つ薬膳の資格講座の運営にも力を注いでいる。

テレビ・雑誌・ラジオなどの取材、大手外食レストランチェーンの薬膳メニューの監修、総合情報サイト「All About」公認漢方・薬膳料理ガイド、薬膳サプリの商品開発、食材性能PR、講演会なども精力的におこなう。

「こころに漢方を、くちびるに薬膳を」をモットーに、身近な食材を使ったカンタン薬膳やわかりやすい漢方の知恵を紹介している。

杏仁美友サイト http://kyonin-miyu.com/
薬膳コンシェルジュ協会サイト http://www.y-concierge.info/

この記事につけられたタグ