キレキュア

その頭痛や肩こり、顎関節症が原因かも!

その頭痛や肩こり、顎関節症が原因かも!

そもそも顎関節症とは?



顎関節症とは、下顎が本来あるべき場所からズレてしまい、様々な症状を引き起こす状態のことをいいます。

具体的な症状としては、顎の痛みや口を開け閉めする際に顎がカクカクしたり、ひどい場合は口が開かなくなることもあります。

一時的な症状のみで快方へ向かうケースもありますが、症状が悪化すると体調や精神面にも影響が出てきたり、頻度は多くないものの手術が必要になることもあるため注意が必要です。

噛み合わせが全身にあたえる影響は大きく、噛み合わせにズレが生じると筋肉が常に緊張状態になるだけでなく、頸椎もゆがみ血行も悪くなるので、それが慢性的な頭痛・肩コリを引き起こします。

どの年齢においても発症する可能性はありますが、比較的若い女性に多いと言われています。

なぜ顎関節症になるのか



顎関節症の原因は様々です。食事をする際、よく片側だけで噛んでいるという人はいませんか?

このことを偏咀嚼(へんそしゃく)といい、偏咀嚼が続くと例えば右側でよく噛んでいる場合は右側だけに負担が集中するため、咀嚼に欠かせない咀嚼筋が緊張状態になります。

一方、左側の顎は使われなくなるので咀嚼筋がゆるみ、顎のズレを引き起こすのです。 また、日々のストレスが蓄積され噛み合わせに影響が出てくることも。

人はストレスがたまると、無意識のうちに歯ぎしりなどをしている傾向があります。

歯ぎしりは強い力がかかるため、必要以上に顎の筋肉に緊張をあたえ、結果的に噛み合わせのバランスが悪くなります。

真面目で責任感が強い方、神経質な方は特に歯ぎしりをしやすいと言われているので気をつけましょう。

顎関節症を改善するにはどうすればいいの?



顎関節症の原因は日常の生活習慣が関係しているため、生活習慣を見直すことが改善につながるケースもあります。

偏咀嚼をしている方は、両方の歯で噛むように心がけるようにしましょう。

偏咀嚼は癖になっているためはじめは慣れないかもしれませんが、両方の歯でバランスよく噛むことで顎のバランスも良くなり、片側の顎だけに負担がかかるのを避けられます。

歯ぎしりが原因であれば、マウスピースを使うのもよいでしょう。

歯ぎしりは就寝中にしていることが多く、このような場合は自分の意志では避けられません。 そこでマウスピースを使うとクッションのような役割を果たしてくれるため、歯ぎしりによる負担も軽減され顎への影響も軽くすることができます。

整骨院などで根本的な解決を

顎関節症を自分で解決するには、やはり限度があります。 そんな時は整骨院や接骨院へ相談してみるとよいでしょう。

整骨院や接骨院では直接顎の位置を正しい場所へ戻すことができます。

この記事につけられたタグ