キレキュア

気軽にできるウォーキング!効果的な時間帯・やり方は?

気軽にできるウォーキング!効果的な時間帯・やり方は?

効果的な時間帯は?



ウォーキングダイエットに効果的な時間帯は、第一に朝、やむを得ない場合は夜です。

朝は人間が一日の活動を開始する時間なので、それに合わせて運動をすることが望ましいです。

体を覚醒させることによって代謝も良くなりますし、その日の生活がスムーズに送れるようになります。

どうしても時間的な都合で朝にウォーキングできない場合は夜でも構いません。

夜のウォーキングは身を守る為の対策が大切で、蛍光ベルトなどで自分の存在を周囲に知らせないと危険です。

そして、あまり長く歩いてしまうと体が元気になってしまい、その後の睡眠に悪影響を及ぼす可能性があります。

寝不足になってしまうと食欲を司る部分に異常が発生し、食欲が止まらなくなるなどの症状が起こるので寝不足はダイエットを成功させる上で避ける必要があります。

なのでやむを得ず夜にウォーキングする場合は軽めにしますが、軽めにしたからと言ってダイエット効果が無くなることはありません。

消費カロリーは少なくなりますが、ウォーキングを毎日継続することで痩せやすい体になります。

適切なウォーキングのやり方は?



適切なウォーキングのやり方は、まずウェアや靴を揃えることからスタートします。

ウォーキングとなると、どれくらいの距離を歩くかなどを考えがちですがダイエットは長期間に及ぶので一番基本的な部分であるウェアや靴を疎かにしてはいけません。

通気性の良いウェア、そしてクッション性の高い靴を選択することで体を痛めることなくウォーキングできます。

膝などを痛めてしまうとウォーキングが困難になるので、その時点でウォーキングダイエットが頓挫してしまいます。

歩く時は、何も考えずにダラダラ歩くのではなくフォームを確立しなければいけません。

背筋を伸ばして前を向き、腕はしっかりと振ります。

このように歩くと自然とスピードが増すので、それだけ運動強度が上がって消費カロリーも大きくなります。



ウォーキングはランニングよりも消費カロリーが少ないので、長く歩くことが鍵です。

最低でも30分は歩きたいですし、余裕があれば1時間〜2時間でも構いません。

都市部でコンクリートしかないのであれば仕方ないですが、砂浜やグラウンドが近くにあれば膝の負担を減らす為にこれらを選択したいです。

ウォーキングを始めていきなり長時間歩くと、脚を痛める可能性があるので避けてください。

歩いているうちにある程度筋肉が鍛えられるので、足腰がしっかりしてきたと感じたら徐々に距離を伸ばすという具合です。

途中でウォーキングに飽きてしまったら、コースを変えると効果的です。

近所であっても、通ったことのない道を積極的に歩くようにすると新鮮な気持ちが維持できます。

最後に

いかがでしたか?
是非、今日から適度なウォーキングをはじめて、美しく健康的な毎日を送ってくださいね。

この記事につけられたタグ