キレキュア

知っておくことが改善の第一歩!顎関節症の主な原因と改善法

知っておくことが改善の第一歩!顎関節症の主な原因と改善法

顎関節症の主な種類



一口に顎関節症と言ってもいくつかの種類に分けられて、それぞれに原因や対処法が異なるため自分の症状がどれに当てはまるかについて知っておくことが大切と言えます。

まず顎関節症の中でも比較的多く見られる症状が、口が開かなくなったりカクカクと音が鳴るものです。

一般的に半数以上の人がこの状態で悩んでいるとされ、他の症状では顎を動かすために必要な筋肉の筋を痛めてしまったり、骨自体が変形しているといった症状になります。

顎関節症になってしまう考えられる原因



顎関節症になってしまう原因の一つが噛み合わせの悪さです。

上下の歯の噛み合わせが正常になっていないと、顎に必要以上に負担をかけてしまうことがあります。

噛み合わせは元から悪い人もいれば、歯の治療によって悪くなってしまうこともあるため注意が必要です。

そのほかにも、左右どちらかに極端に負担を掛けてしまう偏咀嚼ストレスといったことが原因となるケースも少なくありません。

顎関節症の改善に効果的な食生活



日常生活で顎に過度に負担を掛けてしまう行為は病気の原因だけでなく、症状の悪化にも繋がってしまいます。

そのため、できる限り顎に負担を掛けないように固い物を噛む必要がある食事は控えることが望ましいです。

フランスパンやスルメのような固い物は食べないようにして、どうしても食べたいのであれば、噛む回数を減らせるように小さくすると負担を軽減することができます。

その時の症状によって冷温の対処を行う

顎関節症は主に急性期慢性期の2種類にわけられて、それぞれに対処が異なるため気を付けなくてはいけません。

もし、急性の症状であれば患部の炎症を抑えるために冷やすことが重要です。

濡れタオルや氷などで患部をある程度冷やすことができたら、少しずつ顎を動かすストレッチを1日に数回行います。

患部を冷やす時は長時間の冷却は筋肉の収縮を招いてしまうので注意が必要です。

逆に慢性的な症状の場合は、血行を良くすることが改善につながるので、温めることが大切になります。

専門家に相談することも必要



もし、自宅で行える改善方法を取り入れても症状が見られない時は、そのまま放置をせずに専門家に相談することが重要です。

顎の治療は主に歯科医の専門となるため、歯科クリニックなどで矯正治療を受けるのが一般的な方法になります。

顎関節症は症状によっては治療に保険が適用できないケースも少なくないため、事前に医師に確認をしておきましょう。

そのほかにも、整骨院で治療する方法もあります。

こちらは整体によって関節や骨の変形を矯正する方法で、リーズナブルな値段で治療ができるのが特徴です。

この記事につけられたタグ