キレキュア

ダイエットしてるのに…これって停滞期?気になる過ごし方

ダイエットしてるのに…これって停滞期?気になる過ごし方

どんなにダイエットを頑張っていても、突然体重が減らなくなったという経験はありませんか?

それは、単なる思い違いや偶然などではなく、停滞期と言われる時期になっている証拠です。

では、なぜ停滞期になってしまうのでしょうか?

ダイエット中の停滞期の原因



1.ホメオスタシス機能

ダイエット中はどんどん脂肪が燃焼して常に体が変化しますが、この状況を体が一つの危機だと捉えてしまいます。

危機だと捉えることで、なるべく食事からのエネルギー吸収率を高めて、逆にエネルギー消費を抑えてしまいます。

その体の働きをホメオスタシス機能と呼び、これが原因で体重の変化が少なくなってしまいます。

何も意識しなくても体が勝手に省エネになるので、厄介です。

ただ、ホメオスタシス機能によるものでない停滞もあり得ます。

2.マンネリ化

それはマンネリ化で、運動強度や食事制限がいつの間にか甘くなってしまうことがあります。

毎日厳しい制限をクリアできているのであれば問題ありませんが、 「今日一日くらいはカロリーオーバーしても問題無いだろう」という慢心に負けてしまうと 体重の変化が一進一退のような感じになります。

単に自身の意識が薄れているだけなのに、停滞していると解釈してしまうことで更に体重の減少が遠のきます。

どのように過ごせば良いの?



体重の変動が少なくなると焦燥感に悩まされますが、焦って体を動かしたところであまり意味がありません。

ホメオスタシス機能が働いている以上、痩せにくい状態なのだと認識します。

つまり、食事や運動はいつも通り気を付けつつ、今の状況を静観するという意識で過ごせば問題ありません。

しばらくすると、体がダイエットに慣れてきて体重の減少が再スタートするはずです。

人間の心理として、頑張って運動や食事制限をしているのに体重が減らないと嫌になってきます。

ダイエットの失敗が多いのもまさにこの時期で、今までの積み重ねを無駄にしない為にも投げ出さないことが大切です。

ホメオスタシス機能に関する知識が欠如していると、体重が減らない焦りだけが増幅するので、この際にしっかり理解しておきましょう。



明確な目標を設定するのも重要で、明確な目標がなく何となく生活をしていても、途中で嫌になってしまう可能性が高いです。

なぜ痩せたいかという部分を考えて、ファッションの幅を広げるなり意中の男性と交際するなど、 理由は人それぞれで構いませんが、絶対に変わることのない目標があるとやる気が失われにくくなります。

必然的にストレスも溜まってしまいますが、もちろん過食に走るのはいけません。



運動でストレスを解消できればカロリーも消費できるので一石二鳥ですが、カラオケで大声を出すという方法も有効です。

カロリーの消費量が減って、摂取量が多くなればなるほど脂肪は蓄積するという基本的な事実を忘れず、停滞する時期を辛抱します。

まとめ

いかがでしたか?

ダイエットの停滞期に今までの効果がなかったと思い、諦めるのではなく、 そのまま頑張り続けて待つと、停滞期を乗り越えることができるはずです。

ダイエットをしている理由は人によって様々あると思いますが、目標達成に向けて、少し辛抱してみてください。

体重が減らないからといって、さらに無理をするのは危険なので、その点には気をつけて、美しく健康的な体作りに励んでいきましょう!

この記事につけられたタグ