キレキュア

ダイエットに期待大!今話題のMCTオイルとは

ダイエットに期待大!今話題のMCTオイルとは

MCTオイルって知っていますか?



今、美容やダイエットに関心の高い多くの女性が注目しているのが「MCTオイル」です。

まだそこまで世間に知られていないため、聞き慣れない方も多いのではないでしょうか。

MCTオイルのMCTとは英語でMedium Chain Triglyceride(ミディアム チェーン トリグリセリド) の略ですが、これは日本語で言うと、中鎖脂肪酸のことを表しています。

中鎖脂肪酸とは、油の成分である脂肪酸のうち、 炭素同士の二重結合を持たない飽和脂肪酸の一つで、炭素を結ぶ鎖の長さによって 短鎖脂肪酸、中鎖脂肪酸、長鎖脂肪酸があります。

その中鎖脂肪酸が100%のものをMCTオイルと言います。

よく、ココナッツオイルと混同されやすいのですが、 ココナッツオイルと言われているものの中で最も優秀なものがMCTオイルです。

ココナッツオイルは中鎖脂肪酸60%のものを指すので、その差は歴然としています。

MCTオイルの原料・成分は?



MCTオイルはココナッツ由来とパーム由来のオイルがあります。

ココナッツ由来のMCTオイルはココナッツの実から抽出したオイルで、 パーム由来のMCTオイルはパーム(ヤシ)の実から抽出したオイルです。

ココナッツはパームの一種でもあります。

MCTオイルの体への効果、メリットをご紹介



中鎖脂肪酸に痩せる効果があると言われている理由は、 摂取後すぐにエネルギーとなり、体内に余分な体脂肪をため込まないため、 一般的な油の主成分である長鎖脂肪酸よりも、「太りにくい」という性質があるためです。

また、摂取後すぐにエネルギーとして使われる際に、体が脂肪燃焼モードになるため、 もともと体内にある脂肪に対しても燃焼してくれるという効果が期待できます。

MCTオイルのおすすめ摂取方法、食事での取り入れ方は?



MCTオイルは、低温でも煙が発生しやすいということと、 加熱することによって成分が壊れやすいという理由から、 揚げ物や炒め物の油としては向きませんので、そのまま使うことをおすすめします。

最近話題のバターコーヒーにMCTオイルを入れると、クリーミーな味わいになり、 腹持ちも良いため朝食におすすめです。

また、MCTオイルを使ったドレッシングやマヨネーズを作って、 サラダやマリネにかけて食べてもおいしいです。

スポーツやダイエットを本格的、ストイックに行っている方は、 プロテインに混ぜて摂取しても良いかと思います。

ただ、MCTオイルは油ですので飲み物に混ざりにくい場合があります。

その際は、ブレンダーやミキサー等を使用すると混ざりやすくなります。

いかがでしたか?

ダイエッターに人気のMCTオイルですが、辛い食事制限をしなくても、 普段の生活に少し取り入れるだけでダイエット効果が期待できますので、 ぜひ楽しみながら食事に取り入れてみてください。

この記事につけられたタグ