キレキュア

つらい生理痛!原因を知って対処しよう

つらい生理痛!原因を知って対処しよう

生理痛は痛み方や症状、痛む場所など同じ女性であってもによってさまざまに異なっており、 一人ひとりが別々の生理痛を毎月、経験しているといってもいいほど悩んでいる方が多いようです。

同じ職場の人と話しても「私は全然、生理痛ひどい方じゃないよー」や「生理中に痛いというより、生理前のほうが痛む」など様々です。

人によって痛む程度がなぜ違うのか?

生理痛と上手に付き合っていく為には、それぞれの原因を正しく理解し対処することが重要です。

今回は知っているようで以外と知らない生理痛のタイプや対処法をご紹介します。

男性にも知ってほしい!生理痛が起こるメカニズム



生理とは、正確には「生理的出血」のことを言います。

この生理は毎月起こり、生理を医学用語では「月経」とも言われています。

メカニズムとして、子宮の内部には「子宮内膜」という赤ちゃんを育てる【ベッド】が作られますが、 妊娠(受精)をしなかった場合には、この【ベッド】は血液と一緒に体の外に出されます。

その時に感じる下腹部や腰などの痛みを「生理痛」と呼びます。

生理痛がひどい人と軽い人とは何が違うの?その原因



1.プロスタグランジンの分泌量が多い

プロスタグランジンは、子宮を収縮させ、必要がなくなった子宮内膜を血液とともに体の外に押し出す働きをします。

このプロスタグランジンの分泌が多いと、子宮の収縮が過剰になって陣痛のような下腹部や腰の痛みの原因になります。

さらに、このプロスタグランジンは子宮だけでなく、全身の血管の働きにも作用し、 循環が悪くなった血管をさらに収縮させようと作用するため、頭痛や腰痛の原因にもなります。

2.子宮口が狭く硬い

1.妊娠・出産を経験していない
2.10代〜20代前半

1または2の女性は、子宮の発達が十分でない場合が多く、子宮口の周りが硬くて狭いことが原因で、 経血の排出時にさらに子宮を収縮させようとプロスタグランジンが大量に分泌されます。

これが原因でさらに強い痛みを伴うと言われています。
出産後は子宮口が広がるため、生理痛が軽くなる人もいるようです。

3.冷え・ストレスによる血行不良

身体の冷えやストレスによるホルモンバランスの乱れも生理痛の原因の一つです。
これから暑い季節になり、室内で過ごすことも増えるかと思いますが、冷房による冷えや長時間のオフィスワークも血行不良の原因になります。

生理時に起こりやすい症状



生理が始まる1週間ほど前から、いろいろな症状が出てくる人も多くいます。

・体のむくみ
・胸が張る
・吹き出物が出やすくなる
・便秘がちになる(もしくは下痢などの症状)
・イライラする
・憂鬱感
・頭痛
・甘いものが食べたくなる

これらの症状は生理がはじまる初日~2日目頃がピークとなることが多いようです。

自分でもできる生理痛の対処法

下腹部を温める



生理痛の原因の一つは身体の冷えです。

オフィスでは下腹部をカイロや膝掛けで温めるなどして、冷えないように心がけましょう。

また、家では足湯をして足元を温めたり、ゆっくり湯船に浸かって血行の流れを良くすると、生理痛の改善につながります。

軽い運動をする



運動をすると、血行が良くなるほかに、エンドルフィンという鎮痛作用のある物質が脳から分泌されるので、運動することで生理痛が軽くなると考えられます。

ノンカフェインの温かい飲み物を飲む



温かい飲み物を飲むと、全身の血行が良くなり、身体が温まりやすくなるので、生理痛を和らげる効果があると言われています。

カフェイン入りの飲み物は、血の循環を悪くさせ、冷えにつながる成分であるためカフェインが入っていない飲み物が原則です。

ホットココア:生理中に不足しがちな鉄分を補うことができます。
生姜湯:身体を内側から温めてくれる効果と、便秘改善効果があるのでおすすめです。

※白砂糖は身体を冷やす効果があるので、甘くしたい場合はハチミツや黒砂糖を入れるようにしましょう。

生理痛を和らげるツボを押す



合谷(ごうこく):手の親指と人差し指の骨が交わる部分よりも、やや人差し指よりのくぼみで、万能のツボとも呼ばれています。

特に生理痛・頭痛・歯痛・肩こりなどの緩和などに効果的!

まとめ



いかがでしたか?
今回は、生理痛の原因とすぐに試せる生理痛改善方法についてご紹介させていただきました。

ぜひ、生理痛改善に役立ててください。

また、生理痛と思っていても、なかなか改善しないつらい痛みは病気のサインである可能性もあります。

もし、病気だった場合、放置すると悪化することもあります。

子宮の病気の場合は不妊の原因にもなるので、一度勇気を出して婦人科で診察を受けることも大切です。

この記事につけられたタグ