キレキュア

女性ホルモンの分泌は食事で増やせる!?

女性ホルモンの分泌は食事で増やせる!?

女性の美容、健康に大きく関係しているのが女性ホルモン!

今まで冷え性になったり、情緒不安定でイライラや涙が止まらなくなることを経験したことはありませんか?

これらは、女性ホルモンのバランスの乱れによるものです。

女性の体や心は、女性ホルモンにコントロールされているところが多く、このホルモンバランスを乱さないためには、日々の食事がとても大切!

化学調味料の多いインスタント食品や、体を冷やす食べ物ばかりを摂っていると栄養バランスが崩れ、様々な不調が生じてきます。

また、過度なダイエットも同時に女性ホルモンが崩れる原因となるので注意が必要となります。

2種類の女性ホルモン



女性ホルモンは、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類があります。

そのうちの卵胞ホルモン(エストロゲン)は女性らしい身体作りや、健康な美しさを保つための重要な働きをし、 黄体ホルモン(プロゲステロン)は妊娠に関わる重要な働きをしています。

エストロゲンの分泌は食事などで分泌を促し、女性ホルモンを整えることができるため、今回は女性ホルモンの中でも特に、女性らしさをアップさせてくれるエストロゲンに効果のある食品を紹介します!

女性ホルモンに効果のある食材



●イソフラボン
女性ホルモンの維持に欠かせない食べ物の代表が大豆食品です。

大豆の胚芽部分に多く含まれるイソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをすることが分かっています。

和食中心の食生活であれば、味噌汁や納豆、豆腐などを自然と摂取していることでしょう。

きな粉も効率的にイソフラボンを摂ることができる食品です。

普通の食生活をしていれば、イソフラボンをサプリでまで補う必要はありません!

イソフラボンも過剰に摂取すると、逆に悪影響を及ぼす危険性があるので注意して下さい。



●ビタミンB6
ビタミンB6はエストロゲンの代謝に必要な成分です。

魚の中でも、カツオやまぐろの赤身は必要なビタミンB6を豊富に含んでいます。



●ビタミンE
ビタミンEは卵巣に働きかけて女性ホルモンを整えてくれます。

エストロゲンは卵巣で作られるので、女性ホルモンにとってとても大事な栄養素の1つです。

ビタミンEが豊富に含まれるナッツ類は、他にも食物繊維やミネラルも含有するので、便通をスムーズにし、肌の老化を防ぐ働きもしてくれます。

ナッツ類は空腹時におやつ代わりに食べると良いでしょう。
ナッツ類以外ではアボカドやカボチャにも含まれます。



●コレステロール
卵の黄身に豊富に含まれ、女性ホルモンの原料となるものです。

このコレステロール摂取を心配する人も多いですが、健康やアレルギーの問題がない人ならば毎日1個を目安に食べ続けて大丈夫です。

もちろん、病院等で摂取を制限されている人は食べないで下さいね。

ストイックな女性ほど注意してもらいたい点



いくら女性ホルモンの分泌を促すためとはいえ、同じ食品ばかりを食べ続けるのはよくありません。 好き嫌いなく五大栄養素のバランスを考えて、毎日3食をなるべく同じ時間帯に摂るようにしましょう。

ダイエットをして痩せたいと願うのも女心ですが、不健康に痩せてしまっては美しくありません。 栄養が不足すると当然女性ホルモンも減少します。

この女性ホルモンは肌や髪の毛のハリ、ツヤにも関わるので、不足すると一気に老けた印象を与えてしまいます。

見た目の問題だけではなく、女性ホルモンの乱れは生理不順や若年性の更年期障害といった症状を招く恐れもあるのです。

それよりもきちんと食事を摂る事で女性ホルモンを整えながら、よく動ける体作りをして、日々の生活にメリハリをつけてみましょう。

最後に

今回はエストロゲンを促す食材の摂取で女性ホルモンを整える方法をご紹介させて頂きましたが、 食事と運動の両方を取り入れることで、ストレスの軽減にもつながり女性ホルモンなどのホルモンバランスを更に整えることができます。

女性に生まれた事に喜びを感じながら、いつまでも美しく健康でいられる体作りを目指しましょう。

この記事につけられたタグ