キレキュア

知らないとヤバい!?あなたの理想の基礎体温。

知らないとヤバい!?あなたの理想の基礎体温。

基礎体温を知る重要性



基礎体温とは、人間が生きていくために必要最低限の体温のことです。

本来、寝ている間の体温のことなのですが、寝ている時に体温を測るのは難しいため、 朝起きてすぐの体温を測ることで自分の基礎体温を確認することができます。

基礎体温を測ることで、月経周期や排卵日、ホルモンバランスなどの体のリズムを知ることができます。

その他にも卵巣が機能しているかどうかなども推測することが出来るので、自然妊娠のためにも大切な情報が分かります。

正しい測り方




しっかりと眠る

夜の2時までには眠っておきたいところです。最低4時間以上眠るようにして、身体の調子を整えておきましょう。

毎朝同じ時間で測る

基本的には、同じ時間に起きて測ることが推奨されています。

もし起きる時間がずれた場合は、その時間と測った体温を記録しておけば問題ありませんので、「測る」ということを重視しましょう。

体温を測る姿勢

起床直後の毎日同じ時間、布団の中に入ったままで、起き上がらないようにして安静のまま体温を測るのがコツです。

起床後すぐに体温を測れるように、手の届くところに体温計を置いておきましょう。

婦人体温計を使う

婦人体温計は通常の体温計とは違い、36.5度ではなく、36.53度と、細かく計測してくれます。

すぐにメモする

測り終わったら、忘れないうちにすぐに書き込んでおきましょう。

産婦人科などでもらえる「基礎体温表」や、今はケータイのアプリで基礎体温をメモしておけるものもあります。

基礎体温表に書き込んでグラフにしておいた方が、産婦人科を訪れるときに便利です。

また、性交渉があった日などのメモも大切な情報になります。

どれくらいの期間測ればいいのか

月経や排卵のタイミングがわかるので、測り続けることをお勧めしますが、三ヶ月測り続けると自分の体のサイクルがわかってきます。

理想の基礎体温

「低温から1〜2日で高温へ移行する」
「低温期と高温期の差が0.3度以上」
「高温期が12〜14日以上持続する」


基礎体温表のグラフが出来上がったら、上記を目安にチェックしてみましょう。

基礎体温をあげるための過ごし方



体の健康のためにはもちろん、特に妊娠を望んでいる方は、できるだけ体を温めて過ごすことが大切になります。

根菜類、鶏肉、黒豆、黒ごま、など寒い時期に旬のものを食べるようにすると良いでしょう。

逆に、アイスクリームや、ジュース、牛乳、白砂糖など、体を冷やす食べ物は出来れば控えるようにしましょう。

まとめ

高温期は精神的に不安定になりやすい時期でもあるので、月経前症候群(PMS)の症状で悩まれる方も多いと思います。

これらの症状も、血液循環を良くして、体を温めることで改善されます。

できるだけストレスをなくし、心穏やかに過ごすことを心がけましょう。

この記事につけられたタグ