キレキュア

ローズヒップティーはビタミンCの宝庫

ローズヒップティーはビタミンCの宝庫

ローズヒップティーは、バラの果実を使ったハーブティーの一種で、ビタミンCを初めとするビタミン類やミネラルが豊富で、美容と健康に効果があるため、注目されています。

今回はそんなローズヒップティーについてまとめてみました。

ローズヒップとは



ローズヒップ(バラの果実)とは、バラの花が咲いた後にできる丸い小さな果実のことで、ビタミンCが特に豊富なことで知られています。

ローズヒップは、ジャムやシロップにも加工されることのある食材で、産業的に生産される場合、観賞用に品種改良された園芸種のバラではなく、野生種のイヌバラを改良した品種が一般的に用いられます。

栄養が豊富‼



ローズヒップティーも、これらと同じように食品として加工されたものです。

ローズヒップティーに含まれる栄養素は、多種類になりますが、数種類に注目しても下記のようになってます。

ビタミンCが特に豊富であり、ローズヒップ100g当たりで、成人に必要な1日の充足量の5倍の量が含まれます。

その他にも、βカロテンやビタミンB2やB5、さらにビタミンEやKなどがあり、ミネラルでは、マグネシウムやマンガンなどがあります。

ローズヒップティーの効果



栄養が豊富なローズヒップティーですが、これを飲むことで得られる効果をご紹介しましょう。


ダイエット効果

ローズヒップティーには発汗作用があり、軽い運動をする際に飲むとダイエット効果があると言われています。

これは、ポリフェノールの1種である「ティリロサイド」が含まれており、脂肪を燃焼させる効果や血糖値の抑制を行う作用があります。

美肌効果

しわの解消やくすみの解消、肌荒れの回復などこれらの効果があると言われています。

このため、これらの効果を期待しローズヒップティーを飲む人も多くいます。

免疫力の向上

ビタミンCが豊富に含まれており、免疫力の向上が期待されます。

免疫力が上がることで風邪を引きづらくなることや、花粉症への効果もあるといわれています。

ローズヒップティーの飲み方



ローズヒップティー(乾燥品)は、イヌバラの果実を秋に収穫し、この果実を縦に割って、中に詰まっている種子を除去し、果肉に相当する部分を乾燥させたものです。

飲み方は、ティーカップ1杯に対して乾燥ローズヒップをティースプーン1杯分入れます。
熱湯を注ぎ込んで蓋をし、3分程度蒸らせば、赤い色のローズヒップティーが出来上がりです。

実はこの時、お茶として抽出される栄養素は約10%~20%と言われており、残りの80%はカップに残った「実」に含まれています。

ですので、カップの中にある「実」まで食べることがローズヒップティーの常識です。

美容や健康のためにもローズヒップティーを試してみるのはいかがでしょうか?

この記事につけられたタグ