キレキュア

毎日習慣づけたい!自宅で行える小顔矯正対策

毎日習慣づけたい!自宅で行える小顔矯正対策

みなさん、ダイエットと聞くと体のラインを絞る・細くするというイメージをする方が多いと思います。 しかし、人の第一印象でもある顔の小顔ダイエットに関して、どのような方法があるかご存知ですか?

顔がすっきり小さくなると、それだけでスタイルが良く見えるものです。

小顔矯正の方法として、自宅などで自分で簡単に行える方法について見ていきましょう。

むくみやたるみ



顔が大きく見える原因のひとつに、むくみやたるみが挙げられます。

年を取ると共に肌の筋力が衰えて頬やまぶたや顎などがたるんできてぽっちゃり見えるのです。

水分の摂り過ぎなども、顔がふっくら見えてしまう原因となる場合もあります。

これらを解消するためには、リフトアップの矯正を行うと良いでしょう。

リフトアップ矯正



お風呂などで、顎や頬を下から上へと持ち上げていきます。

いろいろなやり方がありますが、おすすめはこぶしを作って指の関節部分で顔のツボに刺激を与える形でリフトアップマッサージをする方法です。

まず首筋を下から上へとこぶしの関節で持ち上げます。次に顎から頬へかけて行い、さらに頬骨から目尻にかけてグリグリとリフトアップしていきましょう。

目尻の部分は内側から外側に回す感じでマッサージします。

そしてさらに上に上がり、コメカミ部分も上から下へと持ち上げると、血行促進になり顔の脂肪燃焼が行えると共に下がり気味の筋肉を上向きに導くことができるのです。

この小顔矯正は、両手のこぶしを使って左右対称に行うと良いでしょう。

あいうえお エクササイズ



次におすすめの方法は、「あえいうお」エクササイズです。二重顎や頬のたるみを改善してすっきり小顔を作りたい人は、是非試してみましょう。

口を大きく開けて「あえいうえおあお、かけきくけこかこ・・・」と発声する方法ですが、この際に1音1音しっかりと口角を動かして声を出すことがポイントです。

発音するときに口の動きが変わることで、顎周りや頬の筋肉を鍛えることができます。

普段あまり使わない筋肉ですが、ここを鍛えることにより顎や頬の余分な脂肪が落ちるのです。

リフトアップにもつながるので、是非毎日取り入れてみましょう。

まとめ

顎や頬をすっきりさせるためには、食事のときの咀嚼(そしゃく)も大切です。

柔らかい物ばかり好む人やあまり噛まない早食いの人などは、咀嚼行為が少ないため顎の筋肉が弱って二重顎にもなりやすいでしょう。

また片側でばかり噛んでいると顔の歪みが生じるので、両側でしっかり咀嚼することも小顔矯正の一環として心がけたいものです。

エステに行って本格的なフェイシャルエステを受けるのも良いですが、毎日空き時間に自分でできる小顔対策を習慣付けるだけでもだいぶ顔周りがすっきりするはずです。

さっそく今日から、できることから始めてみてはどうでしょうか。

この記事につけられたタグ