キレキュア

ぽっこりお腹を改善!内臓下垂を改善してスリムに

ぽっこりお腹を改善!内臓下垂を改善してスリムに

せっかくダイエットして体重を落としたのに、何故かお腹がぽっこりそのまま。

それは脂肪ではなく、内蔵下垂が原因かもしれません。 今回は内臓下垂についてご紹介します。

内臓下垂とは



内臓下垂とは、文字通り胃や腸などの内臓が下がってしまうことを言います。

本来であればこれらの内臓は筋肉や腹膜によって正しい位置に収まっています。

しかし、何らかの原因で下がってしまうと、一番下にある腸が押しつぶされることになります。

様々な要因があるのですが例えば、腹直筋が弱ったり、過激なダイエットで腸の筋肉が減ってしまうことが原因となることもあります。

内臓下垂による悪影響



腸が圧迫される内臓下垂は、見た目が悪い他にもいろいろなトラブルを起こします。

まず、腸が圧迫されると血行が悪くなり、冷えやすくなったりリンパの流れも悪くなります。

そもそも筋肉が不足して内臓が下がっている場合には、冷えが悪化することがあります。

そこから内臓の働きが悪くなることや、頭痛や肩こりに繋がることもあるのです。

更に冷えや内臓の働きが低下すると、代謝が落ちて太りやすくなってしまいます。

内臓の働きが悪くなることで、消化と吸収がスムーズに行われなくなります。

その結果として、本来であれば排出されるはずの余分な栄養素まで吸収してしまうこともよくあるのです。

便秘にも繋がる?



気を付けたいのが便秘です。
圧迫された腸は形が歪み、働きが悪くなるので便秘になりやすくなります。

便秘が続くと、腸に溜まった便やガスによって下腹のぽっこりが更に目立ってくることも。

便秘は排出されるべき老廃物が体内に残っている状態ですから、 長く続くと肌荒れなどの美容トラブルにも繋がってしまうのです。

女性の場合、内臓下垂によって生理痛が酷くなったり、生理が不規則になることもあります。

内臓が下がって押しつぶされるのは腸だけではありません。

子宮や卵巣が圧迫されると、血行不良で冷えてしまい、場合によっては不妊症の原因になることもあるのです。

改善するには



内臓下垂を改善するには、内臓を元の位置に戻し、かつそれを支えるインナーマッスルを鍛える必要があります。

効果が高いのが逆立ちです。逆立ちをすると、当然重力によって内臓が元の位置に戻ります。

かつ内臓が上下することで腹膜や筋肉が刺激を受けるので、インナーマッスルを鍛えるトレーニングにもなるのです。



逆立ちなんてできない、怪我をしそうで怖い、という人は背中逆立ちがおすすめです。 また誰か他の人に支えてもらうのもいいでしょう。

ストレッチもおすすめです。

あおむけに寝て膝を立て、そこから膝を左右に開いて足の裏を合わせます。

その状態からお尻を上げ、骨盤を水平にキープ。 腰を左右にゆらゆらとゆらします。

こうすることで内臓が元の位置に戻り、揺らすことで適度な刺激を与えることができるのです。

お尻が上らない人は、バスタオルなどを丸めてお尻の下に置いてみてください。

この記事につけられたタグ