キレキュア

何が大切なの?風邪を引きにくい体作りのポイントを知ろう!

何が大切なの?風邪を引きにくい体作りのポイントを知ろう!

風邪を引くと、体もしんどい上に家事や仕事などに支障が出て困るものです。

できれば日頃から、風邪を引きにくい体作りを心がけたいものですね。

風邪の予防・健康について、まずは日々の生活習慣から見直してみましょう。

まずは食生活



まず健康な体のために重要なことは、バランスの良い食生活です。

最近外食ばかりしているなと思っていた矢先、風邪を引いてしまったという人も多いのではないでしょうか。

外食やインスタント食品などに頼った食事をしていると、健康のために必要な栄養成分を摂取できません。

風邪を引かないためには、体の免疫力を向上させる作用があるビタミンCをしっかり摂取することが大切ですが、インスタント食品などではビタミンCが不足してしまうのです。

ビタミンCはブロッコリーやトマトなどの野菜や、グレープフルーツ・みかんといった果物に多く含まれています。

毎日の食事において、こうした食材をしっかり食べることが風邪の予防にもつながるのです。

野菜ジュースやサプリで補う



野菜嫌いの人や、忙しくてなかなか自炊ができないという人は、青汁などの野菜ジュースやビタミンCのサプリメントなどで補うという方法もあります。

いずれにせよ、ビタミンCを何らかの形で毎日取り入れることを心がけたいものですね。

そのほかにも風邪を引きにくい体作りのために効果的な食材としては、体を温める作用や抗酸化作用が高いものが良いでしょう。

ショウガやニンニクは冷えを解消してくれます。ニンニクはスタミナ作りにもなり、疲れにくい体のためにおすすめの食材です。

また抗酸化作用の高い食材としては、ニンジンやなすび、オリーブオイルや蜂蜜などが挙げられます。

調理する際にオリーブオイルを使うようにしてみるのも、ひとつの摂取方法です。

抗酸化作用の高い食材を摂取することで、体内の活性化酸素が減り、ウイルスに負けない体作りができるのです。

睡眠は大事



その次に、風邪を引かない体作りのために欠かせないのが睡眠です。

寝不足が続くと疲労も回復せず体の抵抗力も弱まり、そんなときに風邪にかかりやすくなってしまいます。

ついつい夜更かししてしまうという人は、できるだけ早寝早起きを心がけるようにしていきましょう。

寝つきが悪いのであれば、寝る前にホットミルクを飲んだり軽くストレッチ運動をしたりすると、眠りやすくなります。

また疲れが溜まっていると感じたときは、しっかり睡眠を取るようにすると良いですね。

運動不足を解消しよう



そのほかにも風邪を引かないためには、体力を付けることも大切です。

運動不足は体の筋肉が衰えるだけでなく、ウイルスに対する免疫力も低下してしまいます。

ハードな運動でなくても良いので、楽しみながら行えるヨガやランニングや筋トレなどをして体を動かすようにしましょう。

まとめ

風邪を引きにくい体作りは、ほんのちょっとした心がけで実践することができます。

自分ができることからまず、始めてみましょう。

この記事につけられたタグ