キレキュア

初めての整骨院・鍼灸院 ~事前にこれだけは知っておこう~

初めての整骨院・鍼灸院 ~事前にこれだけは知っておこう~

慢性的な肩こりや、背筋~首筋にかけてのこわばり・痛み、姿勢の歪みからくる関節痛…。 症状が長引くと、日常生活に色々な支障が出るばかりで無く、買い物や気分転換のための外出までおっくうになってしまいますよね。

では、不快な症状を解決するため、あなたならどうしますか? 街中に目を向ければ、整骨院、接骨院、鍼灸院、整体院、カイロプラクティックなど、身体の調子を整えてくれそうな様々なお店が並んでいますが、さて、どこに行くべきなのでしょう?

そもそも、整骨や接骨、鍼灸と、整体やカイロプラクティックなどとは何が違うのか、きちんとご存知の方は少ないのではないでしょうか。

接骨院・整骨院とは


「整骨」「接骨」と、「整体」との違いをひとことで言うと、

『国家資格を持っているかどうか』です。

整体やカイロプラクティックに、きちんとした資格が無いのに対し、接骨院・整骨院は、「柔道整復師」の国家資格を取得した人しか開業できません。

情報元があいまいな個人のブログには、『接骨院と整骨院は違う』とか、『柔道有段者なら誰でも柔道整復師の資格が取れる』などと書かれていることもありますが、それらは全てウソ。

接骨院と整骨院は、資格も施術内容もほぼ同じで、開業時の申請名が違うだけです。

そして「柔道整復師」の資格は、厚生労働省が許可した専門養成施設で3年間以上修学するか、文部科学省指定の4年制大学で、解剖学や生理学、病理学などの基礎系科目と、柔道整復理論及び実技、リハビリテーション学などの臨床系専門科目を履修した人でないと、資格を取得できません。

鍼灸院とは


同様に、鍼灸院を開業できるのも、

厚労省認可の専門学校などで最低3年間の養成教育を受け、「鍼灸師」の国家資格を取得した人だけ。

そのため、接骨院、整骨院、鍼灸院が行う施術の大半は、医療法上『亜急性期の処置』に該当し、社会保険や国民健康保険が適用されます(一部除外)。

民間のセミナーを受けただけの人、場合によっては、何の訓練も勉強もしていない人でも開業できて、保険も一切適用されない整体やカイロプラクティックとは、根本的に違うのです。

国家資格の有無を確かめよう


では、「整骨・接骨」と「鍼灸」は、どのように使い分けるべきか、整骨・接骨で治せる症状と鍼灸で治せる症状は…など、詳細な情報は、この先の章で詳しくご案内します。

初めて整骨院や接骨院、鍼灸院を訪れる時、最も注意せねばならないことは、症状による使い分けよりもむしろ、『本当に国家資格を持っているかどうか』です。

電話帳やネットのポータルサイトを見ると、整骨も鍼灸も整体もカイロプラクティックも引っくるめて、「各種療法」という分類になっているケースが多々あり、「慢性的な肩こりを解決」など、症状だけを書いて具体的な施術内容を明記していない広告もあります。

「タイ王室公認・タイ式マッサージ」など、あたかも公的資格があるかのような広告を出している事業者も少なくはありません。

まとめ

曖昧な場合は、初受診の前に電話で尋ねるなどして、国家資格のある事業所なのかどうか、確認するようにしましょう。

また、有資格者が開業している整骨・接骨院や鍼灸院の大半は、待合室や施術室の壁などに、免許証を掲示しています。

せっかくお金と時間を費やして受診するのですから、信頼できる事業所で最大限の施術効果を得られるよう、事前確認をお忘れなく。

この記事につけられたタグ