キレキュア

最近眠れていますか?ぐっすり快眠!すぐにできる快眠のコツ

最近眠れていますか?ぐっすり快眠!すぐにできる快眠のコツ

現代人の大きな悩みの一つとして睡眠というものがあります。不眠とまではいかなくても、気分よく朝を迎えられることが少ないという方は増えています。

睡眠というのは睡眠時間だけではなく、睡眠の質というのも重要になりますが、この質の高い睡眠をとれているという人は意外と少ないものなのです。

質の高い睡眠をとれていないと疲れも取れずに慢性疲労状態になってしまいますし、睡眠時間はたっぷりあるのにどうも朝ダルいということになり、仕事や勉強、家事などの能率も下がってしまいます。

そこで、今回は今すぐ行うことが出来てなおかつ効果も高いぐっすり快眠のコツを3つ紹介します。

枕を低くする



まず1つ目の方法ですが、枕を低くするということです。

枕を高くして寝るということわざもあるくらいですから、枕は高いほうが良いと思っている方もいるかもしれませんが、実は枕は低い方が首が安定するのです。

枕で首を包み込むような高さにすることで、首や頭部の安定化になりますし、頚椎が安定することによって自律神経のバランスが整うので深い眠りに入りやすくなるのです。

枕が高いことで肩こりや首の痛みなどを生じていることも有りますので、朝起きた時に首が痛いなどということがある場合は特に枕の高さを見直してみると良いでしょう。

最近では自分に最適な枕の高さを計測してくれるサービスを行っている寝具店もありますので、気になる方はそういったものを利用してみるのも手です。また、枕を低くすることで呼吸がしやすくなるのでいびきなどに悩んでいる方も見直してみると良いでしょう。

グーパー運動をしてから布団に入る



2つ目の方法ですが、グーパー運動をしてから布団に入るということです。

グーパー運動は足の指で行います。

◆手の人差し指は伸ばしたままで親指と残りの指を使って足の親指を深く包むように握ります。
※この時に手の親指は足の親指の付け根付近に当たるようにして握るのがポイントです。
◆もう一つの手で足首が動かないように甲の部分もしっかりと押さえましょう。

準備は以上です

運動方法は、

グーは握った手を足の裏側に曲げていき、パーは握った手をグルグルと左右に回すだけです。

この運動を繰り返すだけなので非常に簡単ですし、片足5分ほどで大丈夫です。 この運動により足がポカポカと温まり睡眠に入りやすくなります。

ドッグブレス呼吸法



最後3つ目ですが、ドッグブレス呼吸法になります。

寝る時に仰向けになった状態で、口をしっかりとすぼませて力強く小さくフッと一気に息を吐いていきます。お腹に手を当ててお腹が上下するように力を入れて行うと効果的です。

息を吐ききったら吸うときも小さく力強くします。

1分間に80回程度のペースで3分から6分ほど500回弱程度行えば十分です。 これにより副交感神経系が優位になりリラックスした状態で眠りに入ることが出来ます。

まとめ

いかがでしょうか。
気軽に短時間に出来るこれらの方法を行うだけで睡眠の質に大きな変化が出るはずです。

ぜひ一度試してみて下さいね。

この記事につけられたタグ